永代供養とは

太陽の塔について

永代供養(えいたいくよう)とは、「長い代(長期)に渡って供養する」という意味です。様々な理由により先祖代々のお墓の管理をしたり受け継ぐ人がいなくなった場合でも、代わりに契約上の管理者が供養してくれるというものです。ただし、永久的に個別に供養するという意味ではありません。

合祀墓、合同供養塔のように、最初からほかの方と共同のお墓に納骨するケースを除き、納骨堂は管理料を収めて頂いている間はいつまでも使用して頂けます。 樹木葬は33年後に合同供養塔へ土のみを移動して永代供養となります。

永代供養を利用する理由

お墓を受け継ぐ人がいない

核家族化・少子高齢化が進み、お墓を途中で受け継いでくれる人がいなくなってしまうケースが多く社会問題になっています。 永代供養墓に納骨すれば、たとえ継承者がいなくなったとしても墓地の管理者が永代に渡ってお墓を管理してくれるため、無縁仏になってしまうこともなく安心です。

身寄りのない親族の納骨場所に困っている

核家族化・少子高齢化が進み、生涯単身の方、子どもをもたないままの夫婦も増えていることから身寄りのない親族の納骨場所に困っている方も増えてきています。永代供養墓は、その後の管理等が一切不要なので精神的・金銭的に少ない負担で安心して納骨していただけます。

お墓のことで子どもや孫に負担をかけたくない

お墓の新設、維持、管理は、金銭面でも大きな負担となります。 遠方の場合は、お墓の管理に時間的な拘束も加わり、その負担はさらに大きくなります。 そういったことから、子どもや孫に負担をかけたくないと生前に永代供養墓をご予約される方が多くいらっしゃいます。

太陽の塔について

永代供養墓をお墓の別荘としてご利用されませんか?

太陽の塔では、永代供養墓をお墓の別荘としてご利用されることをご提案しています。近年、都市で生活する方の増加や供養方法の多様化により、分骨を利用する人が増えてきています。 お墓が遠方でなかなかお参りに行けない方も、近くの永代供養墓に分骨することで、お墓参りの負担が減り頻繁に亡くなった方を感じる時を過ごすことが可能になります。「逢いたいときに、いつでも逢える場所」として、永代供養墓のご利用をご提案いたします。

このサイトは最新のブラウザでご覧ください